Feel the Rainbow

heartchild.exblog.jp ブログトップ

words of hearts 公演情報!

words of hearts 次回作は教文短編演劇祭に参加!!

『さけびつづけるえれじい』

作・演出
町田誠也

出演
河井秀晃/川村貴裕/袖山このみ/三浦裕作/長谷川綾香/最上朋香(yhs)/末廣貴大
b0161857_12233047.jpg



2012年8月18日(土・予選)&19日(日・決勝)
予選18時~、決勝14時~(開場は開演の30分前)

札幌市教育文化会館 小ホール(札幌市中央区北1条西13丁目)

チケット:予選800円(前売り&当日)、決勝1200円(前売り)&1500円(当日)

[PR]
# by words_of_hearts | 2012-08-19 23:35

遅ればせながらの感謝の意。次に向かって進んでいるのである。

もう先月の話になってしまった。

4年ぶりの主催公演『僕らは矛盾で出来ている』が終了した。
ハプニングもトラブルも色々あったが、無事に終えることができてホッとしている。
ご来場いただいた方々、本当にありがとうございました。
スタッフ、役者の方々もありがとうございました。
今回で浮き彫りになった数々の反省点を今後に活かしていこうと思う。

写真はおいおいアップしていこうかな。

で、次回公演。
来週末の短編演劇祭に参加する。
この暑い中、締め切った部屋で連日稽古している。
タイトルは「さけびつづけるえれじい」。
某独裁国家をモデルにしたドタバタ劇。
くだらないけど面白いみたいな。
土曜日の予選を突破し、昨年同様、是非とも決勝に進みたい。
お時間のある方、札幌に教育文化会館へお越し下さい。

さ、今日も頑張るか。
[PR]
# by words_of_hearts | 2012-08-08 12:35

いよいよ劇場入り。たくさんの人に観てほしいのである。

b0161857_17364891.jpg

b0161857_17374085.jpg


とは言え、まだこんな感じ。
ここからどんどん命を吹き込んでいく。
実際に劇場にいると、いままで稽古してきたことが出来なかったりすることが多々判明する。
例にもれず、今回もそうだった
その都度、スタッフや役者と頭をひねらせる。
現場にいるときしか解らないこと。
しかし、舞台の上で起こっていることが最優先。
トラブルは新しいアイディアを生み出してくれるんだなあ。

僕らは矛盾で出来ている。

今週末、いよいよ本番。
席にはまだ余裕がある。
近郊にお住まいの方、お誘いあわせの上、是非。
[PR]
# by words_of_hearts | 2012-07-25 17:38

人生初の入院&手術。今週末はいよいよ本番である。

先週、入院&手術。
健康診断の結果が思わしくなく、精密検査を受けたら即日入院、次の日手術と言う何ともハイスピードな展開で僕は病人になった。
詳細は後日談にするとして、昨日、無事退院。
今は元気に稽古場に通っている。

いよいよ今週末に迫った『僕らは矛盾で出来ている』。
5月半ばからスタートした企画がいよいよある種の結末を迎える。
長いような、短いような。
ただ感傷に浸っている暇は全然なくて、稽古ではギリギリの攻防が続いている。
もっと精度を上げたいし、客数も伸ばしたいし。

そうこう言ってるうちに、他の企画も進めなければならない。
2作品分の脚本。
〆切はどちらも来月末。
頭の中はひっちゃかめっちゃかである。

ま、ガンバロ。

※『僕らは矛盾で出来ている』…座席にかなりの余裕があります(涙)。
お時間ある方、是非お越し下さい。

切に……、切に……。
[PR]
# by words_of_hearts | 2012-07-24 12:32

旅公演中の人たち。ピエロと酒を酌み交わすのである。

創作の日々は続く。
今月末の本公演はもちろん、来月〆切の脚本(これは書くだけ)が遅々として進まず、それと次回公演の脚本もそろそろ考えなければならず、頭が軽く混乱している。
まあ、追い立てられるのはいつものことなので、焦らず騒がず進めようと思う。

先日のこと。
札幌市内で絶賛公演中の○○大サーカスの方が稽古を見に来てくれた。
しかもサーカスの花形、ピエロである。
稽古はいつもどおり進行したのだが、横にピエロがいると思うとちょっと緊張した(笑)。
稽古後は近くの居酒屋へ。
次の日も公演があるにもかかわらず(しかも午前中から!)、結構深い時間帯までお付き合いいただいた。サーカスの内情やら何やら、楽しい話が聞けて非常に楽しかった。
公演中は会場(テント)の横に簡易宿泊所を作って、そこで寝泊りする生活らしく、実際にやると大変なのだろうが、ちょっと憧れる。
僕に出来ることは何もないのに、思わず「入団させてください!」と言いそうになった。
9月初旬まで札幌で興行し、その次は埼玉、沖縄と旅が続くとのこと。
考えてみたらサーカスを実際に見たことがないので、行ってみようと思う。

とその前に今月末は本番。
そちらにも是非足を運んで頂きたい。
[PR]
# by words_of_hearts | 2012-07-14 12:20

数年ぶりの発熱。身体の悲鳴に耳を傾けるのである。

昨日、熱を出して寝込んだ。
朝から喉に違和感があって、とは言え普段から大声を出しているから、それが原因だろうとさほど気にも留めなかったのだが、夕方から寒気が襲い、次は顔周辺が熱くなり……。
帰宅して測ったら、何とover38℃。
こんな数値は数年ぶりだ。前回がいつだったか思い出せないくらいだ。
そこでオレンジジュースとポカリスエットを買い、一気に飲み干す。
そしてそのままベッドに直行。
ぐっすりと寝た。
おかげで今朝は熱も下がり、具合もだいぶ良くなった。
もしかしたら疲れているのかもしれない。

しかし!そんなことも言ってられないのが現実で、今月末の公演に向けて頑張るわけなのだ。
一進一退と悪戦苦闘のコラボレーションは続行中で、こちらもどんどん熱を帯びている。
こんな熱なら大歓迎なのだが。
役者も高いハードルを越えようと必死に取り組んでいるし、僕自身も久々の演出で戸惑いながらも立ち向かっている。
いい作品に仕上げよう。

7月28日&29日。

ぜひ、夏のご予定の一つに加えてほしい。
[PR]
# by words_of_hearts | 2012-07-03 16:18

17年の逃亡劇。まだ事件は終わっていないことを実感するのである。

来月に本番となる『僕らは矛盾で出来ている』の稽古が進んでいる。
いや、進んでいると言うか、試行錯誤と悪戦苦闘のコラボレーションが飛び交っている。
もちろん、それは前向きで創造的な状況なのだから問題はないのだけれど。
悩んで、試して、葛藤してまた悩んでを繰り返して、暗闇の中にある小さな光を探すのだ。
それはまだ見つかってはいない。
どんな形かもわからない。
いつ、どの瞬間に発見できるのだろう。
楽しみで仕方がないのである。
7月28日&29日、皆さん空けといてね。

さて話はぐっと変わって。
3日に飛び込んできた「元オウム真理教信者・菊地直子逮捕」のニュース。
17年に及ぶ逃亡もさることながら、容姿の変貌ぶりにも驚いた。
あれじゃ近くにいたとしても本人と気付かないだろうな。
地下鉄サリン事件があったのは1995年。
当時僕は大学院の1年生。
有機合成化学を専攻していた都合上、サリンの合成法を学生連中で調べたことを思い出す。
驚いたのは、作り方が割と簡単だったこと(専門的な知識があれば)、材料も普通の大学の研究室にあるようなものばかりであること(実際、そのほとんどがあった)だ。
自分が一歩間違えれば、あのような化学兵器を作る立場になっていたかもしれない恐怖は未だに忘れられない。
もう17年前のことだから、事件そのものを知らない人も多くなっていることだろう。
でも僕にとってはあれは紛れもない「現実」なのだ。
彼女の逮捕の報道を聞いて、何か胸の奥がずっとざわついている。
当時の日本全体を覆っていた不穏な空気を思い出す。
まだこの国にとって「地下鉄サリン事件」は終わってないんだなあとつくづく思う。

菊地直子は取り調べで「もう逃げなくていいと思うとほっとした」と供述しているらしい。
とんでもない話である。
被害者の苦しみを考えれば、彼女のそれなど無に等しい。
今後どう生きたって償いきれるものではないのだろうが、せめて真実を語ってほしい。
同世代の人間として、切に願うのだ。
[PR]
# by words_of_hearts | 2012-06-05 00:43

4年ぶりの本公演。徐々に全貌を明らかにするのである。

タイトル通り。
ふと「舞台をやってみたい」と思い立ち、何も知らないままに突入し、大きな壁を前に気持ち的に木っ端微塵になり、ようやく学ぶことに気付いた2008年。
それからワークショップなどで目から鱗が落ちまくり、幸いにも舞台に立ったり裏方として参加する機会を頂き、それなりに舞台制作に関わってきた。
その全てが、今後自分の創作の糧になると思ったから。

2012年、僕はまだまだ学んでいる。
しかしインプットだけではなく、そろそろアウトプットもしてみようかと。
words of hearts、4年ぶりの本公演である。
その間に出会った人々の協力を得て、ついに再始動だ。
現在、もりもりと稽古中。
近日中にブログも立ち上げ、twitterなんかも始め、情報を流していく。
ここでも稽古の様子やら、僕自身が思うことなどを書き連ねて行こうと思う。
写真なんかもアップしようかな。

久々の状況にワクワクしたり、ソワソワしたり。
体力勝負の2か月、しっかり乗り切ろう。

words of hearts公演
『僕らは矛盾で出来ている』
2012年7月28日(土)&29日(日)
@アートスペース201
(札幌市中央区南2条西1丁目7-8山口中央ビル)

その日は空けておいて頂けるとありがたい。
[PR]
# by words_of_hearts | 2012-05-30 01:07

ほったらかしは卒業。また新たに更新し始めるのである。

ずいぶんと長らく放置していたこのブログ。
気がつけば2010年の10月31日より更新がストップしていた。
いやはや、何ともお恥ずかしい限り。
すっかりブログに飽きてしまい、このようなことになってしまった。

ただブログはストップしても、活動自体が止まっていたわけではない。
むしろ、精力的に動いていたのではないだろうか?どうだ?

ここに来て、また新たな気持ちで行こうと思う。
何しろ、自ら主催の舞台が始まるから。

詳細はボチボチ掲載するとしよう。

とりあえず……、帰ってきたよ。
とりあえず……、今年はやるよ。

時間のあるときに覗きに来てくれるとありがたい。
久々なのでこんな感じでご勘弁を。

words of hearts代表
町田誠也
[PR]
# by words_of_hearts | 2012-05-29 01:34

日付が変わる直前。久々の感動に思わず筆をとるのである。

作詞の作業を行っている。
僕も多くの作詞をする人が参考にするであろうYouTubeのお世話になっている。
つらつらと眺めていたときに見つけたこの曲。
懐かしすぎる。
そして素晴らしすぎる。

http://www.youtube.com/watch?v=LuVsptz4SHw&feature=related

こんなバンド、今はもうないでしょ。
こんな興奮、今ないでしょ。

確かにずいぶん昔の音源ではあるけれども、そしてこれを懐かしいと思う自分もきっと歳を取ったのだと思うけれど、この頃をリアルタイムで過ごしたことはちょっとした誇りみたいなものがある。

ぜひご覧あれ。

……僕にしては珍しい日記。
[PR]
# by words_of_hearts | 2010-10-31 23:34

札幌で活動中の作家、町田誠也のBlogです。小説や脚本、作詞などを手掛けています。


by words_of_hearts
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31